<諸国味めぐり>

北は北海道、南は九州・沖縄まで。
カップ麺で日本縦断?


サンヨー食品(サッポロ一番) 北海道 札幌
サンヨー食品(サッポロ一番) 北のしょうゆラーメン
 ♪きたぁ〜のぉ〜
 
 で始まる、田○ま○し氏が歌うCMソングも懐かしい商品。

 札幌ラーメン=みそラーメンというイメージが強いですが、
 やはり源流はしょうゆ味。

 味噌ラーメン誕生のきっかけは、とあるラーメン屋さんで、
 お客さんのリクエストに応じて、豚汁の中に麺を入れたこと
 だとか?
北のしょうゆラーメン


カネボウ 山形県 米沢
カネボウ 米沢そんぴんラーメン
 『そんぴん』とは米沢の方言で、頑固で意地っ張り、変わり
 者、ひねくれ者、つむじ曲がりのこと。

 山国の米沢でありながら、海鮮の旨みスープなところがその
 ネーミングの由来でしょうか?

 新しい名物をつくろうとのことで、米沢のラーメン屋さんで
 「米沢そんぴん会」を結成し、創作したラーメン、そのカップ
 ラーメン版です。

米沢そんぴんラーメン

たまご

AKAGI 福島県 喜多方
AKAGI 喜多方風めんしょうゆラーメン
 「蔵のまち喜多方」のイメージぴったりのデザインです。
 
 グルメブーム、ラーメンブームにおける、「ご当地ラーメン」人
 気のはしりは喜多方ラーメンだったと記憶しています。
 (違っていたらスイマセン)

 喜多方ラーメンのウマさの秘密は、良質な水。
 
 水分を多く含ませ、じっくりねかせてつくるちぢれ太麺。
 そしてその水で味噌・醤油がつくられ、麺がゆでられる。
 だからウマいんです。
喜多方風めんしょうゆラーメン


ヤマダイ(ニュータッチ) 東京都
ヤマダイ(ニュータッチ) 東京ラーメン醤油味
 香ばしい醤油味、細めん、ナルト、メンマ、ねぎ、そしてチ
 ャーチュー。

 これぞ東京ラーメンといった趣きの商品です。

 昨今のこってり系や凝った具材の商品もうまいですが、
 こういったものをたまに食べると、なんかほっとしますね。
東京ラーメン醤油味

やきぶた

カネボウ 長野県
カネボウ 信州味噌仕立て
 「全国人気のご当地ラーメン」とありますが、ちょっと無理があ
 るような気が。
 なんといっても信州はそばの名産地ですからね。

 しかし、信州にはもう一つの名産品、味噌があります!
 
 味噌のうまみ・香りが食欲をそそる味噌ラーメン。
 うまい信州味噌でつくれば、なおそれが引き立ちます。

  
信州味噌仕立て


エースコック 岐阜県 高山
エースコック 飛騨高山中華そば
 飛騨高山で「そば」と言えば中華そばのことをいい、年越し
 そばもラーメンを食べる…
 そんなラーメン好きの街なんだとか。

 鰹だし、鶏ガラ仕立て、ちぢれ細麺のあっさり・すっきり醤
 油ラーメンです。
飛騨高山中華そば

メンマ

東洋水産(マルちゃん) 京都府
東洋水産(マルちゃん) 京風らーめん 
 「日本全国ラーメンめぐり」と称された、ミニタイプカップラーメ
 ンの一つです。

 実は「京風ラーメン」と「京都ラーメン」は、似て非なるもの。

 懐石料理などから連想される、京都は薄口というイメージでつ
 くられたのが「京風ラーメン」

 「京都ラーメン」は全国のラーメンに比べても濃厚な味が特徴
 です。
京風らーめん


カトキチフーズ 香川県
カトキチフーズ 本場さぬき きつねうどん
 さぬきうどんは、うどんづくりに適していた風土から生まれまし
 た。

 うどんに合った小麦が育つ温暖少雨な気候、大量の塩と上質
 な煮干しの元であるイワシを届けてくれる豊穣な海。

 そんな環境で、本場のさぬきうどんが生まれます。
本場さぬき きつねうどん

のり

マルタイ 長崎県
マルタイ 長崎ちゃんぽん
 長崎伝統の味ちゃんぽんの誕生は、明治30年代、貧しい中
 国人留学生に、安くて栄養満点の料理を食べさせようと、野
 菜くずや肉の切れ端などを炒め、中華麺を入れスープで煮込
 んだボリュームたっぷりの料理をつくり、ちゃんぽんと名づけた
 のが始まりといわれています。

 この商品は、キャベツ・コーン・イカのかやくが入った、ボリュー
 ム感のあるカップ麺です。
長崎ちゃんぽん


明星 沖縄県
明星 沖縄そば
 沖縄地区限定のカップ麺です。

 本物の沖縄そばを食べたことがなかった私にとって、かなりイ
 ンパクトがありました。

 はじめ、いわゆる普通のラーメンの味を意識していましたが、
 麺は、「どん兵衛」のような幅広の麺、スープはかなり薄味
 で、ラーメンともうどんともつかない、未体験の味でした。
 
沖縄そば


Home     後退